セリフのインポート

多数のセリフを一度に編集したいときは、あらかじめセリフを記述したテキストファイルを作成しておいて、インポートすることができます。
インポートするトークトラックを選択してから、メニューの「ファイル」→「インポート」→「セリフのテキスト読み込み」を選んで、ファイルを指定してください。

ファイル形式について

表計算ソフトで作成できるCSV形式のほか、セリフだけ記述したテキストファイルや、「キャスト名,セリフ,セリフ,キャスト名,セリフ」のような柔軟な記述にも対応します。

・区切り文字には、改行/タブ/半角カンマ(,)が使用できます(混在可)。

・キャスト名には「さとうささら」などキャスト設定可能な名前を記述します。

・区切り文字に囲まれた内容がキャスト名に一致するとキャスト設定、それ以外はセリフとして読み込まれます。

・1文200文字を超えると自動的に分割され、最大1000行まで読み込み可能です。

・ファイルの拡張子は、「txt」または「csv」で保存してください。



上記の例でインポートした場合、「こんにちは」「さよなら」「おはよう」「おやすみ」の順にセリフが登録されます。

文字コードについて

エクセルやメモ帳は既定で「Shift-JIS」、Googleスプレッドシートは「UTF-8」でファイルが保存されます。
読み込みが失敗するときは、オプションの「トーク設定」の「テキストファイルの文字コード」の「読み込み」に、読み込むファイルの文字コードを指定してください。

コンディションと感情

セリフには、直前に設定したコンディション(大きさ、速さ、高さ、声質、抑揚)と感情が反映されます。
あらかじめ、つまみやプリセットで設定してから入力すると、簡単に一括設定できます。
または、[Alt]キーを押しながらプリセットを選択することで、後からキャスト毎に一括設定することも可能です。