トークトラックの操作

左側のセリフリストにテキストを入力して、右側のコンディションや感情コントロール、音素グラフで調整を行います。
メニューの「トラック」やトラック上の右クリックから「トークトラックを追加」を選ぶと、4トラックまで増やすことができます。


試聴
セリフリストで選択中の行を試聴します。試聴中にもう一度押すと中断します。
音素グラフを左クリックして、指定位置から試聴することも可能です。

繰り返し試聴
試聴の繰り返しを設定/解除します。

自動試聴
セリフ入力後や、コンディション/感情/音素グラフを調整したとき、自動的に試聴するかどうかを切り替えられます。
オプションの「音素グラフの自動試聴で部分再生」をチェックすると、音素グラフをの自動試聴で、調整箇所の直前のポーズ(句読点等)から直後のポーズまでを再生します。

自動試聴の活用

セリフ入力中に[Enter]キーを押すと自動試聴できるため、「連続でセリフ入力」と組み合わせて、あらかじめ台本を入力しておいて順番に再生したり、生放送などでリアルタイム音声合成ツールとしても活用できます。