MIDI/MusicXML

MIDIファイルの読み込み
外部ソフトで作成したMIDIファイルを読み込むことができます。
「ファイル」メニューの「インポート」の「MIDIの読み込み」を選んで、MIDIファイルを指定します。
エクスプローラーから、MIDIファイルをソングトラックにドラッグ&ドロップすることも可能です。

MIDIファイルのトラック構成が表示されるので、読み込むトラックの選択してOKボタンを押します。
※最大8トラックまで読み込むことが可能です。
※「テンポと拍子も読み込む」をチェックするとMIDIファイルに設定されたテンポと拍子が全ソングトラックに反映されます。


MIDIファイルの補正

MIDIファイルの読み込みでは、細かすぎる音符の位置や長さは自動補正されます。
音符と音符の間は細かく空けるよりも、本来の譜面通りの方が自然に歌うことができます。
促音(っ)は歌詞に含め、発声タイミングはタイミング調整画面で調整してください。


MIDIファイルの書き出し
MIDIファイルを書き出して、対応する外部ソフトで利用することができます。
タイムラインの右クリックメニューの「エクスポート」からは、選択中の1トラックを簡単に書き出すことができます。
「ファイル」メニューの「エクスポート」からは、複数のトラックを選択して1ファイルにまとめて書き出すことができます。
※複数トラック選択時、調号は最初の選択トラックのみ「Conductor Track」に反映されます。
※調整値は反映されません。


MusicXMLファイルの読み込み
外部ソフトで作成したMusicXMLファイルを読み込むことができます。
インポートするソングトラックを選択してから、「ファイル」メニューの「インポート」の「MusicXMLの読み込み」を選んで、MusicXMLファイルを指定します。
またエクスプローラーから、MusicXMLファイルをソングトラックにドラッグ&ドロップすることも可能です。
※複数のトラックを含むMusicXMLでは、最初の1トラックのみ読み込まれます。


MusicXMLファイルの書き出し
MusicXMLファイルを書き出して、対応する外部ソフトで利用することができます。
タイムラインの右クリックメニューの「エクスポート」からは、選択中の1トラックを簡単に書き出すことができます。
「ファイル」メニューの「エクスポート」からは、複数のトラックを選択して複数ファイルに書き出すことができます。
※調整値は反映されません。