オプション

「ツール」メニューの「オプション」からは、各種の設定を変更できます。

環境

画像の表示
チェックを外すと、メイン画面の右上のキャラクター画像を非表示にできます。
その下のキャラクター画像をクリックすると、リストから表示する画像を選択できます。
また、ここにお手持ちの画像をドラッグ&ドロップすることで画像リストに登録され、選択できるようになります。

トラックのキャストに連動
チェックすると、選択トラックや選択セリフのキャストに応じてキャラクター表示が切り替わります。

キャストの画像設定
キャストごとの表示画像を変更できます。全キャラクターをお手持ちの画像に置き換えることも可能です。

オーディオフォルダ
トラックの固定や外部オーディオの読み込みで生成される、テンポラリファイルの保存先を設定できます。
テンポラリファイルは自動削除されません。ディスク使用量を削減するには、「クリア」ボタンでクリーンアップを行ってください。

起動時に前回のファイルを開く
起動時に自動的に前回終了時のプロジェクトを開いて編集状態を復元できます。

停止ボタンで開始位置に留まる
停止中に停止ボタン(またはテンキーの0)を連続で押したとき、先頭まで戻るかどうかを選べます。

完了ウィンドウを表示しない
WAV書き出しやテキスト読み込み後の完了ウィンドウを表示しないようにできます。

ポジションカーソルの位置補正
再生中、ポジションカーソルの位置を自動補正します。
再生中にポジションカーソルの位置が大幅にずれる場合は、チェックを外してください。


トーク設定

セリフを折り返して表示
長い文章を右端で折り返して全体を表示するかどうかを選べます。

キャスト別にセリフ設定を継承
最後に調整したセリフの設定を、感情も含めキャスト別に保持して継承するようにします。
この設定は、セリフのテキスト読み込み、文のまとめ入力にも反映されます。

音素グラフの自動試聴で部分再生
音素グラフの自動試聴時、調整箇所の直前のポーズ(句読点等)から直後のポーズまでを再生します。

音素グラフのLENの表示を調整
LENの値が小さいほど長く表示します。チェックを外すと縦軸は等間隔になります。

セリフのフォント
セリフリストに表示するフォントとその大きさを指定できます。

テキストファイルの文字コード
テキストファイルの読み込み、書き出しの際の文字コードを指定できます。
テキストファイルを書き出した外部ソフトや、読み込む外部ソフトに合わせて変更してください。

音素グラフの数値表示
グラフにマウスカーソルを重ねたときの数値表示について選べます。

要素の配置間隔
トークのセリフ入力時の配置間隔、セリフや外部オーディオの整列時の間隔を指定できます。
セリフの連続WAV書き出し時の末尾無音の長さにも反映されます。


ソング設定

調号の主音を明るく
楽譜編集画面で、調号(キー)の主音を明るく表示します。

鍵盤の表記を1オクターブ低く
ピアノロールの鍵盤で、440Hzの音がA3となるよう表記します。

音符の入力時に既存の音符を消さない
音符の入力時に、入力済みの音符を消さないようにします。

歌詞のフォント
歌詞のフォントとその大きさを指定できます。

ピアノロールの背景
ピアノロールの背景を、楽譜編集画面は6種類、調整画面は2種類から選べます。

調整画面の数値表示
調整画面で、パラメータにマウスカーソルを重ねたときの数値表示について選べます。

試聴の余白
試聴時の音符前後の余白の長さをティック単位で指定できます。(四分音符の長さが960ティック。)
0で余白なし、プラスの値で音符の外側に、マイナスの値で音符の内側に範囲が変化します。

設定フォルダについて

設定をバックアップしたり、別のPCに移したいときは、以下のファイルをコピーしてください。
TalkDictionary3.dic (ユーザー辞書)
PhraseClips.xml (セリフクリップ)
Personality.xml (プリセット)
RuntimeSettings.xml (オプション設定)
サブページ (1): ユーザー画像の表示