基本操作‎ > ‎

メニュー

ファイル


新規プロジェクト
新たなプロジェクト(トークやソングなどの全容)を作成します。
編集中の内容がある場合は、保存の確認画面が表示されます。

開く
保存したプロジェクトファイルを開いて作業を再開します。
編集中の内容がある場合は、保存の確認画面が表示されます。

保存
編集中のプロジェクトファイルを上書き保存します。

名前を付けて保存
編集中のプロジェクトに名前を付けて保存します。
ファイル名を入力してから[保存]をクリックしてください。
保存したファイルの拡張子は「ccs」になります。

インポート

セリフのテキストの読み込み
トークトラックにテキストファイルのセリフを読み込みます。
セリフのインポート

MIDIの読み込み
ソングトラックにスタンダードMIDIファイルを読み込みます。
MIDI/MusicXMLのインポート

MusicXMLの読み込み
ソングトラックにMusicXMLファイルを読み込みます。

オーディオファイルの読み込み
外部オーディオトラックのポジションカーソルの位置に外部オーディオファイルを読み込みます。
オーディオファイル形式について

トラック単位の読み込み
「トラック単位の保存」で保存したファイルを読み込みます。

エクスポート

ミックスダウンWAV書き出し
全トラックをまとめてWAV形式(48kHz 16bit ステレオ)で書き出します。
※ボリュームとパンの設定が反映されます。

セリフの連続WAV書き出し
選択したトークトラックの内容を、セリフごとにWAV形式(48kHz 16bit モノラル)で書き出します。
※ボリュームとパンの設定は反映されず、ボリューム±0dBのモノラルになります。

セリフのテキスト書き出し
選択したトークトラックのセリフを、カンマ区切りテキスト形式で書き出します。

ソングのWAV書き出し
選択したソングトラックをWAV形式(48kHz 16bit モノラル)で書き出します。
※ボリュームとパンの設定は反映されず、ボリューム±0dBのモノラルになります。

MIDIの書き出し
選択したソングトラックをMIDI形式で書き出します。
※複数トラック選択時も1ファイルにまとめられ、調号は最初の選択トラックのみ「Conductor Track」に反映されます。

MusicXMLの書き出し
選択したソングトラックをMusicXML形式で書き出します。

トラック単位の保存
選択したトラックの編集内容を保存します
保存したファイルは、別のプロジェクトにインポートして再利用できます。
保存したファイルの拡張子は「ccst」になります。

最近使ったプロジェクト
最近使ったプロジェクトファイルから選んで開きます。

終了
アプリケーションを終了します。
編集中の内容がある場合は、保存の確認画面が表示されます。



編集


元に戻す
ひとつ前の作業状態に戻します。

やり直し
「元に戻す」を実行する前の状態に戻します。

切り取り
選択中のセリフや音符を切り取ります。

コピー
選択中のセリフや音符をコピーします。

貼り付け
ポジションカーソルの位置にコピー(切り取り)したセリフや音符を貼り付けます。

削除
選択中のセリフや音符を削除します。

すべて選択
編集中のトラックのセリフや音符すべてを選択状態にします。



トラック


トラックを追加

トークトラック
選択中のトラックの下にトークトラックを追加します。
トークトラックは4トラックまで増やすことができます。

ソングトラック
選択中のトラックの下にソングトラックを追加します。
ソングトラックは8トラックまで増やすことができます。

外部オーディオトラック
選択中のトラックの下に外部オーディオトラックを追加します。
外部オーディオトラックは2トラックまで増やすことができます。

トラックを複製
選択中のトラックを複製したトラックを追加します。

トラックを削除
選択中のトラックを削除します。

トラックを上に移動
選択中のトラックを1つ上に移動します。

トラックを下に移動
選択中のトラックを1つ下に移動します。

トラック内容をクリア
選択中のトラックの内容を空にします。

トラック内容を等間隔に整列
選択中のトラックの要素(セリフや外部オーディオ)を等間隔に配置します。

トラックを固定
選択中のトラックの音声をファイルに出力して、複数トラックでのミックスダウン時間や再生待ち時間を短縮します。
再生中のCPUとメモリの負荷も軽減するため、複数トラックだと音が途切れる場合にも有効です。
(トラック内容を編集すると、固定は解除されます。)

トラックをミュート
選択中のトラックを再生しません。

トラックをソロ
選択中のトラックのみ再生します。

トラックのキャスト
選択中のトークトラックまたはソングトラックのキャストを変更できます。



トーク


単語の登録
正しく読めない単語の読みやアクセントを登録できます。
単語の登録、編集

辞書の管理
登録した単語の一覧から、単語の編集や削除を行います。
単語の登録、編集

セリフクリップ一覧
登録したセリフの一覧からセリフを選択行に挿入したり、一覧から削除できます。

文のまとめ入力
1行ずつ入力すると手間のかかる長文をまとめて入力できます。
また、セリフの挿入機能としても使えます。

連続でセリフ入力
チェックすると、連続したセリフ入力を補助する以下の操作が可能になります。
・セリフリストが非編集状態のとき、[Enter]キーで編集状態になります。
・[Enter]キーで編集確定すると自動的に次行の編集に移ります。
・[Shift + Enter]キーで編集確定すると、前行の編集に移ります。
・[Ctrl + Enter]で編集確定するか[Esc]でキャンセル、または空白行に[Enter]で入力を終えます。


連続でセリフ入力
チェックすると、セリフ入力に合わせて後続のセリフが自動的に前後に移動(間隔を維持)します。
チェックを外すと、セリフの編集や移動を行っても他のセリフの位置は変わりません。

空白行の追加
セリフリストの末尾に10行追加します。

音素グラフ

調整モード
音の高さ/長さ/大きさの調整モードを切り替えます。

ズーム
グラフの縦軸を拡大することができます。
画面が狭いときや、細かな調整をしたいときに役立ちます。

音素単位で調整
チェックすると音素単位で細かく表示して調整できます。
チェックを外したカナ単位表示でも、Alt+ドラッグで音素単位の調整が可能です。

初期値に戻す
現在の調整モードの全棒グラフを調整前の状態に戻すことができます。

別トラックのセリフを表示
セリフリストに全トークトラックのセリフを表示できます。

列の表示
セリフリストの列の表示/非表示を変更できます。

コントロール表示
コンディションと感情、音素グラフの表示割合を変更できます。



ソング


選択ツール/まとめ選択ツール/ペンツール/ラインツール/消しゴムツール
編集ツールを切り替えます。
編集ツール

クオンタイズ
クオンタイズを変更します。
クオンタイズとは

調整モード
音符や歌詞を入力する楽譜編集と、タイミングやピッチ、ビブラートを調整する各モードを切り替えます。
選択中のソングトラックで、ビブラートを無効にすることもできます。

歌詞のまとめ入力
選択中の音符(ないときは先頭)から歌詞をまとめて入力します。

音素で歌詞入力
歌詞を音素記号(発音記号)で入力できます。
チェックすると音素入力モードになり、歌詞入力欄の背景がブルーグレーに変わります。

小節の追加
末尾に10小節追加します。
ピアノロール右端で、スクロールバー右側のスクロールボタンまたは、Shift+マウスホイール下でも追加可能です。

別トラックの音符表示
楽譜編集画面に、選択中のトラック以外の音符を表示できます。

ルーラー表示
テンポ、拍子、調号(キー)の行ごとに表示/非表示を変更できます。

ライン表示
ピアノロールの拍やクオンタイズのラインの表示/非表示を変更できます。
「調整画面にも表示」をチェックすると、調整画面にもガイド線を表示できます。

ガイドカーソル
マウスカーソルのクオンタイズ位置の表示/非表示を変更できます。
※楽譜編集画面で、ペンツール/ラインツール/まとめ選択ツールのとき表示されます。



トランスポート


再生/停止
ポジションカーソルの位置から再生を開始します。

停止
再生を停止します。停止中は再生開始位置、先頭の順にポジションカーソルを移動します。

停止時に開始位置に戻る
再生停止時にポジションカーソルを再生開始位置に戻します。

再生中の自動スクロール
再生中のタイムライン/セリフリスト/ピアノロールを自動スクロールします。
チェックを外すと、再生中も手動スクロールできるようになります。再生中も変更可能です。

繰り返し
再生の繰り返しを設定/解除します。

始点マーカー
繰り返しの始点を設定/解除します。

終点マーカー
繰り返しの終点を設定/解除します。

先頭へ移動
ポジションカーソルを先頭へ移動します。

始点マーカーへ移動
ポジションカーソルを始点マーカーの位置へ移動します。

終点マーカーへ移動
ポジションカーソルを終点マーカーの位置へ移動します。

選択要素へ移動
ポジションカーソルを選択中のセリフや外部オーディオの左端に移動します。

指定位置へ移動
ポジションカーソルを指定位置へ移動します。
「分:秒」または「小節:拍」で位置を入力できます。

カーソルへ移動
ポジションカーソルの位置を表示します。
ポジションカーソルを画面外で見失ったときなどに便利です。

上下の表示位置
トランスポート(ツールバー)の表示位置を上段/中段/下段から選択できます。

左右の表示位置
トランスポート(ツールバー)の表示位置を左寄せ/中央/右寄せから選択できます。



ツール


オプション
キャラクター表示などの環境設定や、トーク/ソングの各種設定を変更できます。
オプション


ヘルプ


ヘルプの表示
本ユーザーズガイドを表示します。この機能はインターネット接続が必要です。

CeVIOオフィシャルサイト
CeVIOオフィシャルサイトを表示します。この機能はインターネット接続が必要です。

製品を購入
ライセンス(シリアルナンバー)を購入できるサイトを表示します。この機能はインターネット接続が必要です。

ライセンス認証
シリアルナンバーを入力してライセンス認証を行います。この機能はインターネット接続が必要です。

シリアルナンバー確認
ライセンス認証済みシリアルナンバーを確認できます。

バージョン情報
本ソフトのバージョンや、ボイス、音声合成エンジンの情報を確認します。