オーディオトラックの操作

オーディオトラックには、WAV形式のオーディオファイルをBGMや効果音として取り込むことができます。

オーディオトラックの追加
起動直後はオーディオトラックがありません。
オーディオを扱うには、[+]ボタンや「トラック」メニューの「トラックの追加」から「オーディオトラック」を選びます。
オーディオトラックは、2トラックまで増やすことができます。



オーディオファイルの読み込み
「ファイル」メニューの「インポート」や、外部オーディオトラック上の右クリックから「オーディオファイルの読み込み」を選択すると、オーディオファイルをポジションカーソル位置に読み込めます。
またエクスプローラーから、オーディオファイルをオーディオトラックにドラッグ&ドロップすると、マウスカーソル位置に読み込めます。
オーディオファイルを読み込むと、オーディオ要素が波形で表示されます。



オーディオファイルの形式について

ビットレート8bitまたは16bitのWAV形式のみ対応しています。
(24bitや32bitには対応していません。)
サンプリングレートが48kHz以外の場合は、48kHzに自動変換されます。
オーディオ要素が正しく再生されない場合や読み込みに時間がかかる場合は、オーディオファイルを変換ソフトなどを使って、48kHz 16bit WAV形式に変換してください。

オーディオファイルの場所について

オーディオファイルの場所はプロジェクトに記録され、次にプロジェクトを開いたときはその場所から読み込まれます。
オーディオファイルをインポートした後に場所を移したときは、一旦そのオーディオ要素を削除して再度インポートし直してください。
プロジェクトを別のPCで開きたいときなどは、オーディオファイルをプロジェクトファイルと同じ場所に置いても読み込まれます。


オーディオ要素の削除
オーディオ要素を選択して[Delete]キー、または右クリックのメニューから「削除」を選ぶと、その要素が削除されます。
※元ファイルは削除されません。



再生タイミングの調整
オーデイオ要素をドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま移動)すると、再生タイミングを変更することができます。


タイムラインの右クリックのメニューの「移動」では、オーディオ要素を指定の方法で移動することができます。


位置で指定
移動先の時間を直接指定します。

移動量で指定
元の位置からプラス/マイナスの相対時間で指定します。

ポジションカーソル位置
現在のポジションカーソル位置へ移動します。

オーディオの自動整列
オンのとき、オーディオ要素やセリフ要素と重ならないように自動整列します。
オプションの「トーク設定」の「マルチトラック自動整列」もオンのときは、別トラックのセリフとも重ならないよう自動整列します。


他の音声合成ソフトとの掛け合い

「オーディオの自動整列」オンで、オプションの「トーク設定」の「マルチトラック自動整列」もオン、「セリフの配置間隔」の「オーディオにも適用」もオンにすると、オーディオ要素がセリフと同じように自動整列するため、他の音声合成ソフトで作成した音声との掛け合いが作りやすくなります。