バージョン6.1ベータテスト


バージョン6.1では、トーク辞書の拡充、ソングエンジン改良、機器変更回数による再認証手続きの不要化などを行いました。
これらの変更点について、正式公開前に広くご意見や不具合報告を募ることを目的としたベータテストを実施致します。

ベータテストにご参加頂く前に、以下の点についてご確認をお願い致します。

 1.事前にデバッグしておりますが、変更は多岐に渡るため何らかの不具合が生じる可能性がございます。

※万一、強制終了しても5分間隔で自動保存された状態に復帰可能ですが、プロジェクトファイル(*.ccs)をこまめにバックアップしておくなど不測の事態への対策をお願い致します

 2.ベータテストに関するご意見や不具合報告は、以下の「ご報告はこちら」ボタンよりお願い致します。

※頂いたご意見はすべて拝見し参考とさせて頂きますが、反映できない場合もございます。
※通常は返信致しませんが、詳細確認のためご連絡差し上げる場合がございます。
CS6ベータテストのご報告

 3.6月最終週の正式公開まで実施予定ですが、状況により短縮または延長する場合がございます。

 4.体験期間中の方もご参加頂けます。

以下、ベータバージョンのインストーラーと変更点になります。皆様のご協力をお待ちしております。



2018/6/19 バージョン6.1.6.0

http://storage.cevio.jp/product/CeVIO_Creative_Studio_Setup_(6.1.6.0).msi
CeVIO_Creative_Studio_Setup_(6.1.6.0).msi (105MB)

◆インストール方法
1.上の「ダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードしてください。
2.ダウンロードしたファイルを実行してください。以前のバージョンに上書きインストールできます。
※以前のバージョンに戻す場合は、先に一旦アンインストールしてください。
※アンチウイルスソフトの誤検出で実行できない場合は「ソフト名 誤検出」で情報を検索してください。

▼トーク関連

・システム辞書に約30万語を追加し、読み上げ精度を向上。
 ※「zone」など英単語6,000語を含む。「〆日」なども読めるように。

・試聴にボリューム・パン設定を反映するように。

・セリフに「トゥ」と入力したとき「ツ」と読み上げていたのを修正。

・セリフリストで複数行選択してコンディション(大きさ~抑揚)の数値を直接入力しても、1行しか適用されなかったのを修正。

・プロジェクトを開いた後、セリフのないトークトラックを選択するとキャストが入れ替わる不具合を修正。

・セリフの途中にセリフクリップを挿入したとき、挿入後の状態が正しくないことがあった不具合を修正。

・セリフ入力中に別トラックを選択すると、セリフがそのトラックに移動してしまう不具合を修正。

・新規プロジェクト作成後にセリフリストのキャスト列の幅が縮まることがあったのを修正。

▼ソング関連

・ソングエンジンを更新。再生待ち時間やメモリ使用量を改善。
 ※今後登場予定の英語ソングボイスにも対応。

・「音素で歌詞入力」オンのとき、既定の音素を表示するように。

・試聴にボリューム・パン設定を反映するように。

・「まとめ選択」で音符を削除後、タイムライン表示に反映されなかったのを修正。

・「トラック内容をクリア」後に音符入力すると操作不能になる不具合を修正。

・空のソングトラックを固定して調整画面で操作するとエラーが発生する不具合を修正。

▼外部連携インターフェイス関連

・VBScript用に ServiceControlV40 と TalkerV40 を実装。
 ※VBScriptで「抑揚」などバージョン4.0以降の機能を扱う場合は、
  以下のように ServiceControl と Talker の代わりに TalkerV40 と ServiceControlV40 を使用します。
  Set service = CreateObject("CeVIO.Talk.RemoteService.ServiceControlV40")

▼その他

・機器変更回数による再認証手続きを不要に。
 ※バージョン6.1では、PC構成が4回以上変わっても再認証は不要です。
 ※なお、認証後に別のPCで同じシリアルナンバーを使って認証するには、24時間経過が必要です。

・ボイスのライセンス認証時、未インストールボイスのダウンロード・インストールに対応。
 ※従来通りのボイスパッケージを先にインストールすることも可能です。

・オプションに「オーディオデバイス」を追加。既定のデバイス以外にも音声を出力できます。

・オプションに「スプラッシュ画面を表示」を追加。
 ※オフにすると起動中に他のアプリを操作しやすくなります。

・トラックの固定後、未使用ボイスを解放してメモリ使用量を抑えるように。

・ボイスの読み込みに失敗したトラックのキャスト表示やタイムラインを暗くするように。
 ※メモリ不足やメモリ断片化により、キャスト変更時にボイスの読み込みが失敗する場合があります。
  その場合は、アプリ再起動やPC再起動を行ってからキャスト変更をお試しください。

・タイムラインのセリフやオーディオ要素を、固定したトラックに移動したとき固定を自動解除するように。
 ※固定トラックに要素を移動したとき要素が消える不具合の修正。

・環境によって、スプラッシュ画面(起動ロゴ)が消えない不具合を修正。

・トラックの複製後、連続アンドゥするとエラーが発生することがあった不具合を修正。

・一部のエクスポートで、保存名パターンの拡張子を削除すると出力ファイルに拡張子がなかったのを修正。

・ONEの古いバージョン1.0.3がインストールされていると起動しない不具合を修正。

・その他、細かな改善、不具合修正等。



◆今後実装を予定または検討中の機能

・メニュー等のユーザーインターフェイスの多言語対応。
・トークのアクセント句の分割・結合。
・ソングのビブラートのさらに直感的な調整。
・ソングのDAW連携。
・外部オーディオの改善。24bit/32bit対応、リサンプリング品質向上、リサンプリングファイルの再利用。
・WAV書き出し時のサンプリングレート、ステレオ/モノラル指定。
・ショートカットキーのカスタマイズ。
・青空文庫の読み込み(ルビ対応等)。
・外部ソフトに頼らないツイッター等の読み上げ。
・64bitアプリへの移行。
・リバーブの実装。



◆ベータバージョンの既知の問題

・プロジェクトを開いた直後、ソングの調整画面でPITを重ねてもピッチやビブラートの調整が表示に反映されない。

※バージョン6.1.7.0で、ソングの調整画面の既定値(PITなら緑色のライン)が、調整値(オレンジ色のライン)を反映した状態になってしまう不具合が見つかったため、バージョン6.1.7.0はアンインストールしてバージョン6.1.6.0に戻してください。



◆ベータバージョンの変更履歴

2018/6/19 バージョン6.1.6.0
・空白行を連続して挿入後、その空白行にセリフを入力したときの並び順を修正。

・MusicXMLの書き出しで、歌詞エラーの音符を除外しないように。

・ベータバージョン6.1.5.0の不具合修正。
・ソングトラックの固定を解除すると、声質が既定値に戻ってしまう不具合を修正。

・再生停止の直後に歌詞を入力すると操作不能になることがあった不具合を修正。

・ソングトラックを固定したプロジェクトを開くとエラーが表示される不具合を修正。

・ソングトラックを固定して調整画面に切り替えると、パラメータが表示されない不具合を修正。

2018/6/18 バージョン6.1.5.0
・ベータバージョン6.1.4.0の不具合修正。
・ソングで「ONE」または「金咲 小春」を使用して試聴・再生すると操作不能になることがあった不具合を修正。

2018/6/15 バージョン6.1.4.0
・ベータバージョン6.1.2.0の不具合修正。
・トークでマウスホイール調整後などの自動試聴で操作不能になることがあった不具合を修正。
 ※これにともないコンディションと感情のマウスホイール調整後の自動試聴を復活。

・トークで音素グラフの「VOL」を上げると強制終了する不具合を修正。

2018/6/14 バージョン6.1.2.0
・「音素で歌詞入力」オンのとき、既定の音素を表示するように。

・外部連携インターフェイスによる音声出力に、オーディオデバイスの設定を反映するように。

・トーク辞書を更新。セリフに「トゥ」と入力したとき「ツ」と読み上げていたのを修正。

・オプションの「音素グラフの自動試聴で部分再生」のツールチップ(ミニヘルプ)に、前後のポーズの区間を試聴することを記載。

・ベータバージョン6.1.1.0の不具合修正。
・セリフの途中にセリフクリップを挿入したとき、エラーが発生することがある不具合を修正。

・プロジェクトを開いた後、セリフの最初の試聴の音声が正しくないことがある不具合を修正。

2018/6/11 バージョン6.1.1.0
・トーク辞書を更新。追加の30万語が適用されやすくなるよう調整。

・ソングトラック再生停止後のポジションカーソル移動の待ち時間を改善。

・オプションの「音声出力デバイス」を「オーディオデバイス」に表記変更。

・オプションの「ポーズ設定」のツールチップ(ミニヘルプ)に、WAVの末尾の無音は「セリフ単位のWAV書き出しに反映」で設定することを追記。

・ベータバージョン6.1.0.0の不具合修正。
・試聴中に音素グラフを調整して自動試聴するとエラーが表示される不具合を修正。

2018/6/11 バージョン6.1.0.0
・バージョン6.1ベータテスト開始。